かつら・ウィッグの洗い方

かつら・ウィッグの洗い方手順

かつらの洗浄はメンテナンスの第一歩です。
もしご自身でやったことがないなら、意外と簡単ですのでぜひ一度チャレンジしてください。
ここではかつら・ウィッグを傷めない洗い方を写真付きで解説しています。
次の項目はかつらを洗う上で知っておくと良いかと思います。
 

手順1.洗浄液を作る

洗浄液を作る
シャンプーを2プッシュ洗面器へ入れ、水もしくはぬるま湯を入れて下さい。

お手持ちのシャンプーで大丈夫です。かつら・ウィッグ専用品は不要です。

ポイントはぬるま湯を使うことです。

決して熱湯は使わないで下さい。

手順2.洗浄液を泡立てる

洗浄液を泡立てる
洗面器の中のシャンプーを泡立てます。

シャワーを使えば効果的に泡立ちます。

よく泡立てることで、かつら・ウィッグに付着した汚れやホコリが落ちやすくなります。

これも重要な工程ですのでしっかり泡立ててください。

手順3.5分間浸け置きしたのち、押し洗い

製品を洗浄液にひたす
かつら・ウィッグを洗浄液の中に浸し、約5分間浸け置きします。

次にやさしく押し洗いをしてください。

ゴシゴシと擦るような洗い方は厳禁です。

寿命を縮める原因になりかねません。

くれぐれもご注意ください。

手順4.すすぎ洗い

製品を洗う
水かぬるま湯をかけながらすすぎます。

やさしく毛の流れにそって手ぐしを動かすようにしてください。

乱暴にすると毛髪同士がもつれてしまうことがあります。

そして、このときも熱湯を使うことは厳禁です。

手順5.リンスやコンディショナー、トリートメントを使う

リンス1
リンスを2プッシュ手のひらに延ばして、かつら・ウィッグの髪の毛につけてください。

最近はリンス・コンディショナー・トリートメントといった色々な種類があります。

どれも洗いたてのギシギシ感を無くす効果があるのですが、トリートメントは毛髪に浸透し、ダメージヘアのケア用として使われる物です。

人工毛の製品はリンス・コンディショナーを使って下さい。

人毛の製品はトリートメントも含めてどれを使ってもかまいません。

気に入ったものを選んで下さい。

 

手順6.リンスを洗い流す

リンス2
リンスを洗い流して下さい。

シャンプーの時と同様、手ぐしで優しくすすぐのがコツです。

手順7.水気をタオルに移す(脱水)

水気を取る
タオルで優しく包み、2層式洗濯機の脱水機で水気を飛ばしてください。

なければ、優しくポンポンと軽くたたいたり、振って水気をタオルに移します。

手順8.ウィッグスタンドに乗せて自然乾燥させる

乾燥させる
軽くブラッシングで整えてから、ウィッグスタンド等に乗せて自然乾燥させてください。

ウィッグ台がなければ、型崩れがおきないよう丸い物の上に被せてください。