年齢感の出し方

年齢感の出し方
KIMG0154.JPG KIMG0155-scaled.jpg

中高年以上のお客様から年相応感を出すにはどうすればよいのかとよく聞かれます。若々しく見えすぎることに疑問が出てきた年齢層のお客様から聞かれます。解決策としてすぐに思いつくのは白髪を入れる、髪の量を減らすくらいでしょうか。しかしそれをすると必要以上に老けてしまう恐れもあります。

そのようなお客様に私がよく提案するのが「M字型」の額です。額のラインが真っすぐ水平になるように設計するのが教科書通りのデザインであり、これはこれで無難なのですが、如何せん若く見えがちになります。しかし額の角を深くえぐれば、いつも装着する際の額の位置に乗せても両角が上がっているので成熟した男性感が出ます。俳優の渡辺謙さんや、歌手の矢沢永吉さんなどを思い浮かべてもらえれば、なんとなくご理解いただけると思います。

おでこを広く見せることへの抵抗感のあるお客様には無理にお薦めはいたしませんが、年相応感のひとつの出し方としてご参考まで。

京都店 川北